舞鶴市立神崎小学校

沿革

地域・学校の概要 

 

 本校は、西舞鶴の北西約12Kmのところに位置し、214戸の小地域を校区としている。

 東西神崎一帯は砂地のため水田はなく、落花生やさつまいもなどを中心とした畑作を行っている。それに比べ、由良川東岸に位置する油江・蒲江地区は機械を使っての稲作を中心とし、土質による農業の違いが顕著に表れている。しかし、農業で生計を支える家庭はほとんどなく、共働き家庭が大部分であり祖父母との同居家庭も多い。 また、風光明媚な水のきれいな神崎浜はレジャーブームの波にのって夏の海水浴客が多く活気を呈するが、それでもかつてのようなにぎわいは感じられない。

 本校は、明治6年の創立で、昭和48年には創立百年を迎えた歴史の古い学校である。昭和51年には特別教室、昭和55年には体育館、さらには昭和57年には本館教室が竣工し、全面改築が完了した。また、平成11年には情報教育推進の一環としてコンピュータ教室が新設された。

 かつては、200名近くあった子どもも年々減少し、平成11年度より複式学級が導入されるようになった。今年度の子どもたちの数は34名である。

 子どもたちは恵まれた豊かな自然や落ち着いた生活環境の中で、明るく素直にのびのびと育っている。少人数のためどの活動にも子どもたち全員がかかわり、どの子どもも主役になり、一人一人が力を十分に発揮している。児童会を中心とした子どもたちのリーダーも育っている。また、幼い頃よりお互いをよく知り合っているので、学年を越えて仲よく遊び思いやりの心があり、責任をもって行動できる子どもたちが多い。

 一方、少人数校だけに、自分の考えを自分なりの言葉で表現したり、多様な意見を出し合って練り合ったり、主体的に行動したりすることなどには、まだまだ弱さが見られ課題も多い。

 地域の教育に対する関心は高く、「学校のためなら…」という気風は今も強く残っており、公民館・PTAとも学校に対しては極めて協力的である。今後とも学校と家庭・地域社会との連携を一層深め、子どもたちの教育にたずさわっていく必要がある。


学校沿革史(抄)

明治 6年 6月 6日  学校創立 神崎小学校と称す。永春寺本堂を仮校舎とする。
   42年 4月 1日  教育制度改正により高等科を併設。神崎尋常高等小学校と改称
大正15年 7月 1日  青年訓練所設立
昭和 7年 4月11日  校舎増改築落成(講堂、裁縫室、教室)
  16年 4月 1日  国民学校令施工 京都府加佐群神崎国民学校と改称
  22年 1月11日  校歌制定(作詞 宮野謹一氏 作曲 福本 正氏)
  22年 4月 1日  京都府加佐群神崎村立神崎小学校と改称
  22年 9月10日  育友会創立総会開催
  24年 5月17日  特別教室上棟(理科室、保健室、二階家庭科室)
  28年 5月 8日  校舎増改築落成式(旧南北校舎8教室・児童便所)
  30年 4月19日  神崎村 加佐町合併につき廃村式
              京都府加佐郡加佐町立神崎小学校と改称
  31年 7月28日  水道工事完成
  32年 5月26日  加佐町、舞鶴市と合併
  32年 5月27日  京都府舞鶴市立神崎小学校と改称
  40年 2月 4日  学校給食開始(週5回)
  48年 6月 6日  創立百周年記念行事
  51年 6月 4日  特別教室改築竣工式挙行
  55年 4月18日  体育館竣工式 祝賀会
  56年 4月24日  宿直代行員制度の廃止に伴う機械警備切り替え完了
  57年 5月28日  本館改築工事完了 竣工式
  57年 6月14日  給食 自校炊飯にきりかえ
  59年 3月10日  新しい校章旗作成
  60年 8月29日  NHK音楽コンクールに出場(3年生以上)優秀校に入賞
  60年12月 1日  舞鶴市市民合唱祭に初参加(以後毎年参加する)
  61年 5月17日  舞鶴ユネスコ協会より教育賞を受ける
  61年10月12日  MBSこども音楽コンクールに出場優秀賞を受ける
  62年 2月22日  京都新聞書初め展において学校賞を受ける
平成元年 3月25日  「小さな親切」実行賞 団体表彰を受ける
   3年 7月28日  プール(25メートル3コース)完成 竣工式
   4年 9月13日  学校・家庭・地域を結ぶ会 発足
   6年 3月 6日  育友会の名称を変更する(神崎小学校PTAに)
   7年 1月17日  保健室エアコン設置
   7年 3月29日  児童用コンピュータの導入・設置
   8年 5月27日  舞鶴市少年善行表彰受賞
   8年 9月27日  職員室・校長室エアコン設置
   9年11月20日  中丹フェスティバルに出演
  11年 4月     複式学級導入
  11年11月21日  「さわやか賞」受賞
  11年12月     コンピュータ教室整備(コンピュータ設置)
  12年10月 1日  豊かな海づくり大会参加(網野町)
  12年11月28日  才能開発実践教育賞受賞式
  13年 9月 2日  「ふるさと海づくり大会」に参加(伊根町 伊根漁港)
  14年 4月     障害児学級開設
  15年 3月     保健室シャワー設置
  15年 4月     舞鶴市教育委員会研究実践指定校
  15年 6月     神崎地区子育て支援協議会発足
  16年11月 2日 平成15・16年度舞鶴市教育委員会研究実践校「算数科」発表
  17年 3月     障害児学級閉じる
  19年10月     水洗化工事完了
  20年10月     体育館屋根修理
  21年10月    舞鶴市教育委員会研究実践校「国語科」発表(平成20・21年度)
    23年 3月末   神崎小学校を閉校(八雲小と統合し、由良川小が誕生、発足・出発の予定   

Copyright(C) 舞鶴市立神崎小学校. All right reserved.